水素水の作り方ガイド
水素水の作り方ガイド > 水素水について > 水素水を作るメリット

水素水を作るメリット

飲むことで健康や美容、アンチエイジング、疲労回復など、また、外用としてもお風呂やシップなどに用いられている水素水。

健康ブームが火種となって、非常に話題性の多い水素水ですが、スーパーなどでわざわざ購入しなくても、サーバーやマグネシウムスティックなどがあれば自分で作る事ができます。特にマグネシウムスティックや携帯型のサーバーなどであれば、お出かけの際にも携帯していつでもどこでも水素水が楽しめるのです。

市販の水素水は飲み残してしまうと水素が飛んでしまい、時間が経つと普通の水と同じような状態になってしまいますが、自分で作れば新鮮な水素水を飲む分だけ作ることもできます。


e313c706d545a0ea55da8462c3d999ce_s

自分で作る水素水なら安心安全

スーパーなどでも見かけるようになった水素水。自分で作るのが面倒と長い間購入している人も多いでしょう。しかし、水素水はミネラルウォーターより価格が高いものが多いです。しかも水素は非常に軽い分子構造のため、開封した途端逃げてしまい、次第に濃度が低くなってしまうので、開封したら飲みきらなくてはなりません。

サーバーやマグネシウムスティックなどは水素水に比べれば価格は高めですが、いつでもどこでも新鮮で濃度の高いな水素水を飲めるので非常に便利です。
空気に触れないように気をつけさえすれば、濃度が高い状態で保存しておくことが可能です。

最近では水素水ブームに乗って、水素がほとんど含まれていないのに水素水と偽って販売されている商品も多いと聞きます。水素水を自分で作ればそういった騙されることもなくなります。ためしに自作した水素水にフェノールフタレイン液やリトマス試験紙を入れてみてください。これらが酸性の反応を示したら間違いなく水素水の完成です。

水素水をより効果的に、美味しく飲むためにも、また、騙されないようにするためにも自分で作ることをお勧めします。

同ジャンル・関連ページ

手軽に作れるスティックタイプの水素水