水素水の作り方ガイド

*

自宅で作れる!水素水の作り方

身体に害を及ぼすといわれている活性酸素を排除する働きがあることで注目を浴びている水素水。ダイエットや美容にも効果があるといわれ、男女問わず飲む人が増えてきています。

水素水ブームに乗って色々なメーカーから水素水そのものや水素水サーバーなどが商品化され、近年ではスーパーなどでも水素水を見かけるようになりました。

水素水は飲んでみたいけれど、普通の水と同じような気がして何となく買うのに抵抗がある、水素水の効果は分かっているけれど、サーバーは高すぎて手が出ない。実は自宅で簡単に作れる方法があるのです。



5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s



簡単!手軽!自分で作れる水素水

健康のみならず、美容やダイエットにも効果を示すといわれている水素水。でも、水を買うのには抵抗があるし、サーバーは高すぎて手が出ない、そんな人も多いです。もし自分で作れたら、飲みたい時飲みたい分だけ作れるのに、そう考える人も少なくありません。

実は高いサーバーを購入したり、レンタルしなくても自宅で簡単に水素水が作れる方法があります。

一つは携帯用のサーバーを使って水を電気分解させ、発生した水素を水に混ぜて作る方法です。大型のサーバーは抵抗があっても、携帯できるほど小さなサーバーなら値段も比較的安く抑えられます。不純物のない純粋な水素水が簡単に作れます。

二つ目はマグネシウムを含んだセラミックをスティックタイプにしたものを使う方法です。商品化されていて、スーパーやドラッグストア、ネットショップでも人気のある商品です。使用法は簡単。空のペットボトルにこのスティックを入れ、水道の水を注ぐだけです。

簡単に作れて新鮮な状態で飲む事ができるので、水素水を試してみたい人にはお勧めです。


水素水を自分で作るときの注意点

強い抗酸化作用から、様々な病気の予防や改善の他、疲労回復、アンチエイジング、美容やダイエットなど幅広い効果を示すことで注目を浴びている水素水。今ではスーパーなどでもアルミ容器に入った水素水が販売されている他、水素水を作るためのグッズなども数多く販売されています。

アルミパウチ容器などで密封された水素水は濃度が高いので非常に効果が期待できますが、長年飲み続けるとなると毎回購入するには若干の抵抗がある人も多いです。また、一度封を開けてしまうと飲みきらなければ水素はどんどん抜けてしまうので、一度に飲み切らなければなりません。

そこで自宅で簡単に作れる方法に注目が集まっています。マグネシウムスティックを使う方法と、小型のサーバーで電気分解させる方法の2通りありますが、どちらも注意すべき点があります。


水素水を自分で作るときに気をつけること

マグネシウムスティックを使って水素水を作る場合、マグネシウムの濃度や含有量に注意しましょう。マグネシウムそのものはなかなか販売されていませんが、水素水を作るグッズとして販売されている商品のほとんどはセラミックにマグネシウムが含まれたものです。

水とマグネシウムが反応することによって水素水ができるのですが、このとき純度の低いマグネシウムだと水に不純物が混じることがあります。また、水素水を作るたびスティックは小さくなっていくので、マグネシウムの含有量が多いほうが長持ちすると考えられています。

また、ペットボトルの中に空気が入っていると水素が逃げてしまうため、空気が入らないように常にペットボトルを満水状態にしておく必要があります。

マグネシウムは金属のため、金属アレルギーがある人はこの方法で作られた水は避けたほうが良いと言われています。

電気分解方式のサーバーを使って水素水を作る場合、サーバーにも大型のものから携帯できるものまで、価格も様々です。選ぶときにはランニングコストやコストパフォーマンスも考えて選びましょう。一般的に小型のものは大型のものに比べ価格が安い傾向がありますが、こまめなメンテナンスやフィルター交換などが必要なものもあるのでその辺も考えて。サーバーで作りたいけれど価格が気になるという人はレンタルするという方法もあります。

それぞれのデメリットを知った上で、自分に合った方法で賢く、美味しい水素水を作りましょう。


96ef19488326556ec6e5308339dc435c_s